Logo

KEYWORDS

...MORE

CLOSE

TITLE.

リフォームとリノベーションってなにがちがうの?

実は、リフォームとリノベーションには、厳密な境界がありません。ただ、家づくりのプロの視点で言うなら、最大の差は、それぞれが目指す「ゴール」のちがいにあると思います。

リフォームの場合、主眼は「修繕」にあり、可能な限り新築に近い状態に戻すことが大前提となります。これに対してリノベーションは、単に修繕するのではなく、今ある中古物件の構造や経年変化による味わいを活かしながら、次に住む人のライフスタイルをより快適で便利にしたり、好みのデザインを取り入れたりすることが目的となります。

多くの場合、中古住宅は、前の住人の暮らしに対して最適化するように工夫されています。
だから、そのまま住むと、どうしても違和感があったり、不便を感じる部分があったりするもの。

間取りや設備などのハード面から、壁や床の素材といった質感に対する部分まで、空間を構成する要素を見直し、自分好みにつくり変えることができる。それが、リフォームにはないリノベーションの魅力。そして、そのプロセスやコストをわかりやすくパッケージ化したのが、『RE住むRENOVATION』というわけですね。