Logo

KEYWORDS

...MORE

CLOSE

TITLE.

【LIFE IS PHOTO】Vol.01
吉森慎之介 -食べ物-

  • DATE.
    2019.09.19
  • KEYWORDS.

フォトグラファーが私生活で撮影した、日常の写真を紹介する“LIFE IS PHOTO“。前回に引き続き、Vol.1では人の良さが現れた丁寧で繊細な写真が魅力的な、吉森慎之介さんのiPhoneフォルダを覗いてみた。今回は、生活を感じる食べ物の写真をセレクト。

吉森慎之介 プロフィール

写真家。1992年鹿児島県生まれ、熊本県育ち。 都内スタジオ勤務を経て、2018年に独立。 広告・雑誌・WEBを中心に活動中。 2019年に写真集 うまれたてのあさを出版。

詳しくはこちら

「食べ物は、美味しく撮ろうというよりも、光の入り方であったり全体の雰囲気を見て撮っているかもしれません。撮影した後にトリミングをすることはほとんど無く、構図は撮影時に決めます。iPhoneの場合だと縦や横、スクエアなど、そのシチュエーションに合わせて画角も決めています」

「朝ごはんは大体パンが多い。トーストの形にジャムの量、今日はなんだか良い感じ」

「喫茶店のモーニングの良い所はゆで卵が付くこと。あまり自分では作らない、だからうまく食べられない」

あとで見返したときに味を思い出せるし、いつどこで食べたのかも忘れないから、食べ物の写真を撮るのが好きな人も多いはず。力を入れて撮影しなくても、その時の空気を感じられるくらいのラフなスタンスを真似したいなぁ。