Logo

KEYWORDS

...MORE

CLOSE

TITLE.

リノベーションってどう予習をすればいいの?

●まずは予備知識を身につけよう

「リノベーションしたい」と思っても、物件の見極め方や、外装・内装のデザインなど、考えないといけないポイントが多くて諦めてしまう方もしばしば。
今回は、リノベーションのハードルを下げるための予習方法をご紹介します。

●業者のパンフレットや建築雑誌を読む

リノベーション業者が配布しているパンフレット、建築・リノベーション雑誌には、リノベの手順から費用面の説明、ビフォー&アフターの写真、リノベ体験談など、初心者にとって有益な情報がたくさん載っています。
ただ、その仕組みや特徴はさまざま。中にはちょっとシステムが複雑だったり、価格や流れがわかりにくかったりするものもあるかも知れません。
ちなみに『RE住むRENOVATION』は、物件探しから施工、アフターケアまでワントップで行うパッケージ商品なんです。
リノベ熱が冷めないうちにマイホームが完成するのも魅力ですね。

●勉強会やセミナーに参加する

中古住宅の選び方やローンの話、リノベの事例から自分に合うデザインを考えるなど、リノベを検討する上で、知りたかった情報、知っておくべき知識が吸収できる「勉強会」や「セミナー」もおすすめです。
無料や有料、初心者向けや上級者向けなど、さまざまなものがあるので、ご興味があればお近くでの開催時に、ぜひ足を運んでみてください。

●リノベのプロがいる店舗に行く

「予備知識はあるんだけど、本やネットだけじゃよくわからない疑問もたくさんある…」
そんなときこそ、リノベのプロがいる店舗に行って相談してみましょう。費用面からデザイン面、施工から引き渡しまで・・・あらゆる工程に対する不安を解決してくれる。それが、プロの役割です。
もちろん、価格やスタイルだけじゃなく、お店の考え方や担当者との相性も大切なチェックポイントですね。
『RE住むRENOVATION』でも、リノベや中古住宅に精通したスタッフがいる『RE住むスタジオ』を全国に展開しています。どんな些細なご相談でも大歓迎です。まずはお気軽に、お近くの店舗にお問い合わせください。

相談できる「RE住むスタジオ」を見つける!