Dolive 家をもっとカジュアルに楽しむメディア

インテリアショップで、西海岸のコーヒーブレイクを楽しむ。

DATE 2020.07.09 Dolive HOUSE PROJECT
東は千葉、西は神奈川へと海へのアクセスがよく、サーファーの隠れた人気居住エリアらしい「有明」。

このエリアに2020年6月17日、大型複合施設「有明ガーデン」がオープン!ショッピングはもちろん、24時間営業の天然温泉施設「泉天空の湯」※や巨大イベントホール「有明ガーデンシアター」など、一言では言い表せない複合施設になっています。
中でもDoliveは、WTWブランド初のカフェ併設型店舗「WTW ARIAKE」に注目! アーバンビーチなテイストが人気のWTWが、カフェを併設して出店した「WTW ARIAKE」。果たして、どんな店舗になっているのでしょうか。
※新型コロナの影響により当面は短縮営業

もちろん、サーファーじゃなくても気軽に入れるカフェですよ!

エスカレーターで3Fへ。すると、早速正面にドーンとWTW ARIAKEが登場!アイアンとナチュラルウッドが織りなすアーバンビーチな内装は、WTWスタッフ自ら手掛けたものだそう。
テラスに面した広々とした店内は、明るくて開放感たっぷり。スペースをゆったりとっているので、ベビーカーで訪れたファミリーも気兼ねなく訪れるのが嬉しいポイントですね。 窓越しに見えるのは、湾岸沿いの高層マンション数々。WTWのコンセプトでもあるアーバンな雰囲気を感じずにはいられません。

有明で「カリフォルニアの朝食」を味わう

そんなWTW ARIAKEのための注目商品は、WTWのオリジナルコーヒー「TIDE BREND」。コーヒーブランドの協力のもと、半年間にわたり何度も試作を重ねたこの逸品。“TIDE”という言葉にも表れているように、潮風と波が静かにうねるビーチからインスピレーションを得て、爽やかで軽い飲み心地が表現されています。

1杯300円なので、ふっと気軽に飲める価格が嬉しい。自宅用としてコーヒー豆単体での購入もできます。一緒にドーナツやシナモンロールなどのフードと合わせると、まさにカリフォルニアで朝食を味わっている気分を味わえてしまう!かも。

カフェだけじゃありません、インテリアもちゃんとあります

カフェスペースの一角、コースターやカップなどカフェアイテムが置かれたテーブルの上に置かれているグリーン……実は、これコーヒーの苗木。カフェとリンクしたさりげないグリーンのチョイスはさすがの一言。ちなみに、有明店限定の商品とのこと。

ほかにも、タンブラーやマグカップなどさまざまな新商品が先行販売されているので、こちらも要チェック。

店舗の奥にはWTW HOUSE PROJECTの寝室が思い出される空間が。このオリジナルベッドを実際に見ることができるのは、ここ有明店のみ。
今後は、店頭で各種ブランドとコラボレーションしてポップアップコーナーを展開する計画もしてるみたい。

もちろん独自のセレクトやオリジナル商品が置かれた店舗スペースも充実。壁一面の食器コーナーは、WTWファンもそうでない人も大満足のラインナップ。

ここは、“波を待つひととき”を体感できる空間

店舗では、WTWとDoliveがコラボレーションしたWTWHOUSEのリーフレットももらえるそう。

「自分たちが欲しいものや行きたい場所をつくる。それがWTWのスタンスなんです」……そう語るのは、今回の出店を手掛けたWTWブランドマネージャー岡本さん。
「高層マンションが建ち並ぶ湾岸沿いのロケーション、アイアンとナチュラルウッドが織りなすリラックスした空間、そしてカリフォルニアの朝食を思わせる軽やかなコーヒーと甘いフードのペアリング……この場所は、 WTWが大切にしている“波を待つようなひととき”をリアルに体感できる、ひとつのメディアでもあるんです」と、話します。

WTW ARIAKEの反響次第では、今後カフェの単独出店も視野に入れているとのこと。見どころたっぷりのWTW ARIAKE、気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。