Dolive 家をもっとカジュアルに楽しむメディア

グッドウォーキン上田, 上田歩武 DATE 2021.10.22

妄想HOUSE #02 / グッドウォーキン上田さんのアトリエハウス

「家ってもっとシミュレーションゲームみたいに、自由に楽しく作ってもいいんじゃない?」こんな想いを胸に、さまざまな分野で活躍するゲストに「本当にほしい家」を妄想してもらう新連載「妄想HOUSE」。あらゆる固定観念から自由になって、自分の「好き」を詰め込んだ夢いっぱいの家を考えていただきます。

今回登場するのは、お笑い芸人・グッドウォーキン上田さん。刺繍やスニーカー収集などさまざまな趣味を生かして活躍する上田さんは、どんな妄想ハウスを生み出すのか? 「趣味も仕事もプライベートも思う存分楽しめる家がいい」と次々と自由なアイデアが飛び出したインタビュー、その一部始終をお楽しみください!
グッドウォーキン 上田歩武さん

1980年11月12日生まれ。滋賀県彦根市出身のB型。20歳のころ、大阪NSCに23期生としてに入学し、コンビ芸人・ピン芸人を経て2010年に上京。2015年に同期の良平とグッドウォーキンを結成。2017年より、手刺繍を施したキャップブランド「goodwalkin」を展開している。

まずはスニーカーのコレクションを壁一面に

スニーカーや洋服、刺繍道具など、現在の住まいは趣味のモノであふれているという上田さん。「なにも持たない暮らしも憧れますけどね」とはにかみつつ、自身が考える理想の家について話してくれました。

”スニーカーを持つグッドウォーキン上田さん”/

「今の僕の部屋は、とにかくモノがあふれているんですよ。スニーカーは150足くらい持ってます。シンプルな部屋にも憧れますけど、やっぱり趣味のグッズが無限にコレクションできたら最高ですよね。だから、まずはコレクション用の広い部屋を作って、スニーカーを壁一面に並べて飾ってみたいです。『靴箱がパンパンやからスニーカー買うのやめよかな』とかも考えなくていいですし(笑)」

「服もたくさんあるので、ぜんぶ収納できるウォークイン・クローゼットもほしいですね」

芸人兼“刺繍作家”上田さんの「妄想ハウス」に欠かせないのは
クリエイティブの幅を広げる自由なアトリエ

実は上田さん、プロ級の腕前の刺繍や趣味のスニーカー収集など、お笑い以外の分野でも活躍しています。さらに、そんな上田さんが考える「妄想ハウス」に欠かせないのが、遊び心満載のアトリエ。広いアトリエで、伝統的な“手振り刺繍”のミシンやデジタルデータを取り込めるコンピューターミシンも置いてみたい、と楽しそうに話してくれました。

”刺繍CAPを被るグッドウォーキン上田さん”

「今は部屋の中で作業してるんですけど、広いスペースがあったら自分の創作の幅も広がるやろなと思います。昔、雑誌『ASAYAN』で、「ラストオージー」という連載記事があった(注1)んですけど、雑多な空間のなかでクリエイターの3人が話してる写真がめちゃめちゃカッコよくて。あんなふうに、知り合いのクリエイターをアトリエに誘って、一緒になにか作れたらなあ……。

アトリエにギャラリースペースを作って、一緒に展覧会を開いたりもしたいです。刺繍に興味のある人を集めて、教えたり作業を手伝ってもらったりするのもいいですよね」

注1:90年代中盤に『ASAYAN』で連載されていた、ファッションデザイナーの藤原ヒロシ、高橋盾、NIGO®による座談会企画。

なにもない部屋に閉じ込められるくらいじゃないと休めないと思います(笑)

アトリエは作業のオンとオフを切り替える意味でも重要なのだそう。

「僕、仕事とプライベートの切り替えが苦手なんですよ。だから作業はアトリエでやって、家ではゆっくりリフレッシュできるようにしたい。タイムカードできっちり時間を区切るとか……。まあ、もともと作業するのが好きなんで、ずっとアトリエにこもっちゃうかもしれないですけど(笑)」

”スニーカーを履くグッドウォーキン上田”

本業のお笑いの仕事に、趣味の刺繍に、スニーカー収集に……と常に大忙しの上田さん。オフをゆっくり過ごすためのスペースも必要では?と尋ねると、「オフの過ごし方がわからないんですよ……」と苦笑いを浮かべていました。

「30代はずっとバイトばかりの生活をしていて、今ようやく仕事をもらえるのがうれしくて。遊んでいるときも仕事のことばっかり考えちゃうんですよね。だから、なにもない部屋に閉じ込められるくらいじゃないと休めないと思います(笑)。スニーカーも刺繍の道具もなにもない、シンプルな部屋もあったほうかいいかもしれないなあ……」。

あとは昭和55年の子供部屋と近所に蕎麦屋かコンビニがあれば文句なし

その後も、上田さんの口からは次々と妄想ハウスのアイデアが。どれも遊び心満載で、聞いているこちらもワクワクするようなものばかり。

「ゆったりくつろげる和室もほしいですね。僕は昭和55年生まれなんですけど、当時の僕の子供部屋をそのまま再現したような部屋がいちばん落ち着くんちゃうかな。畳の部屋で、勉強机とブラウン管のテレビと、サッカー選手のポスター……。そういうものに囲まれて過ごしたいです」

「あと、最近サウナに興味があって、家の中にサウナとか大きい風呂もあったらいいですよね。あとは、近所においしい蕎麦屋さんとコンビニがあれば文句なしです。今は料理はしていないですけど、広いキッチンがあったらハマる気がします。そしたらお皿を集めたり、観葉植物を置いたりして……今の暮らしとは全然違いますけど、そういうのも憧れますよね」

”会議室のグッドウォーキン上田さん”/

理想のアトリエやコレクションルームなど、徐々に上田さんの趣味が全開の「妄想ハウス」が出来上がってきました。最後に、家の外観へのこだわりを尋ねてみると……?

「あんまり目立つのも好きじゃないんで、外から見たら普通の日本家屋みたいな雰囲気がいい。でも、家の中に入ったらいろんなユニークな部屋がある、っていうギャップもいいじゃないですか」

「アトリエは離れに作って、スニーカーのボックスを模したデザインにしたいですね。家をまるごとスニーカーボックスにしたら未来の奥さんが嫌がると思うんで(笑)。アトリエのほうは遊び心も入れたいです」

インタビュー中、「死ぬまでこんなこと考えられてたら楽しいですよね」とぽつりとつぶやいた上田さん。

「仕事、趣味、家族の3つが充実した家が理想ですよね。刺繍のためのアトリエもあるし、スニーカーや服の部屋もあるし、家族と一緒に楽しめるスペースもある。オシャレな家もいいですけど、未来の家族がいて、猫がいて、友達が訪ねてきて……。結局、そういうのが一番大事なんじゃないかと思いますね 」

Photography /原田教正 Text/山本大樹 Illustration/HONGAMA