Dolive 家をもっとカジュアルに楽しむメディア

休日課長 DATE 2022.02.28

「由布院のカフェで働く彼女のために……」。
休日課長がNIHON NOIEでつくる和風妄想ごはん。

誰かのためにごはんをつくって、一緒に食べる。それが料理の楽しみのひとつ。

そこで今回は、ごはんをつくる人と、つくってもらう人のストーリーに注目した新しいかたちのレシピ本『ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん』を出版した、人気ベーシストの休日課長さんが登場!

Doliveと人気テキスタイルブランドSOU・SOUがコラボレーションした住宅商品「NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU」を舞台に、「妄想ごはん」をつくってもらいました。
休日課長さん

ベーシスト。1987年2月20日生まれ、埼玉県出身。大学時代にベースを始める。2012年、川谷絵音に誘われ「ゲスの極み乙女。」に加入。11年に東京農工大学大学院を卒業後、14年までは一般企業に勤めながらバンド活動を展開。17年に「DADARAY」、18年に「ichikoro」、21年に「礼賛」にベーシストとして加入。趣味は「食」。
Twitter ( @eninaranaiotoko )
Instagram ( @kyujitsu_kacho )

「趣味は食。」休日課長の「妄想ごはん」とは?!

人気バンドグループ「ゲスの極み乙女。」などのベーシストとして活躍している休日課長さん。実は料理の腕前は相当のもので、昔から誰かのためにごはんをつくってきたのだそう。

「料理にハマったのが大学時代。当時はとにかくモテたくて。家賃25,000円の風呂無しトイレ共同の4畳半のアパートに住んでいた僕が考えたのが、『旨いカレーがあったら人が来る』ということでした。それからはexcelでレシピを管理しながら試作の繰り返し。結果的に噂を聞きつけて女性は来るようになったんですが、恋愛相談を聞く喫茶店のマスターのようになっていましたね(笑)。」

キッチンにいる休日課長

誰かのためにごはんをつくることをこよなく愛する休日課長さん。そんな休日課長さんが提案する、「妄想ごはん」のルールがこちら!

その① テクニックがいらない

その② 完成まで(ほぼ)15分以内

その③ 手に入りやすい食材だけ

その④ みんなにホメられる!

「妄想ごはん」in NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU

家の前いる休日課長

「妄想ごはん」には、素敵な妄想が膨らむシチュエーションも重要。そこで今回の舞台は大分の由布院に建つNIHON NOIE PROJECT by SOU・SOUに!
「なんとも会話が生まれやすそうな家ですね。居間から見ると、キッチンがステージみたいになっているのも格好いい。」と休日課長さんも妄想が膨らんでいる様子。

今日のメニューは「柚子リンチー」!

今回、休日課長さんが考案したメニューは、大分の名産品でもある柚子胡椒を活かした「柚子リンチー」。「和」の調味料でもある柚子胡椒ですが、いまいち使い道がわからなくてついつい冷蔵庫に眠ってしまいがち……しかし、休日課長さんの妄想力にかかれば、個性的でおしゃれなメニューに変身してしまうんです!また、味の決め手になる柚子胡椒は、大分の人気カフェ&ベーカリーである「もとまちベーカリー」のオリジナル柚子胡椒ペーストを使用しています。

「鶏と柚子胡椒って相性がいいんですよ。もちろんカリッと焼いた鶏肉に柚子胡椒を薬味として乗せるのもおいしいんですが、今回は柚子胡椒の個性の強さを活かして、あえて調味料として使いました。」

そんな「柚子リンチー」のレシピがこちら!

【食材(2人前)】
<メイン>
鶏もも肉(唐揚げ用、一口サイズにカットされてるもの)6切れ / 塩麹 大さじ2 / 柚子ペースト 小さじ1 / 片栗粉 適量 / 油 大さじ4
<敷き野菜>
豆苗 1/2パック / 塩麹 大さじ1 / ごま油 大さじ1 / 柚子胡椒:小さじ1/2
<タレ>
リンゴジュース 大さじ4 / 醤油 大さじ1 / 酢 大さじ1 / 砂糖 小さじ2 / ごま油 小さじ2
<飾り>
ブラックペッパー 適量(なくてもOK) / 輪切り唐辛子 適量(なくてもOK) / 黒ごま 適量(なくてもOK)

① 塩麹(大さじ2)に柚子胡椒ペースト(小さじ1)を混ぜ、鶏もも肉と共にビニール袋に入れてもみ込んだ後、30分置き下味をつけます。
②  豆苗を6cm程度に切り、塩麹(大さじ1)、ごま油(大さじ1)、柚子ペースト(小さじ1/2)と和えます。
③ タレの材料を混ぜておきます。
④ ①に薄力粉をしっかりまぶします。フライパンに油を入れ温めたら、弱めの中火で皮面を下にして焼きましょう。焼き目がついたら裏返し、火が通るまで揚げ焼きに。
⑤ 火を止めて②を敷いた皿に盛り付けます。タレをかけて、好みでブラックペッパー、輪切り唐辛子、黒ごまをまぶして完成です!

「鶏肉はカットされている唐揚げ用のものを使えば切る手間が省けて簡単だし、揚げ焼きなので片付けもラクなんです。」と休日課長さん。

「由布院のカフェで働く彼女に……」NIHON NOIEでついつい妄想もはかどる!

「この柚子リンチー、ごはんのおかずにも、お酒のアテにもなるし、めちゃくちゃ旨いんですよ。」と、休日課長さん。
「たとえば、由布院の宿のカフェで働いている彼女がいたとして。その日は棚卸しがあったりして少し帰りが遅くなっちゃうんです。そして帰ってくるなり長めのお風呂に入る。その間に僕は柚子リンチーをつくっておく。そしてお風呂上がりの彼女を、柚子リンチーとビールでおもてなしするんです。」と、妄想もはかどる様子。

最後に、休日課長さんにNIHON NOIE PROJECT by SOU・SOUの感想を聞いてみました。
「キッチンの作業スペースが広いので、大きい食材もストレスなく扱うことができて便利ですよね。調味料を広げて、レシピを研究するのもおもしろそう。本当に料理がしたくなるキッチンだなと思いました。料理をしながら居間でくつろぐ彼女と話したり、料理をしている僕に向かって彼女がちょっかいを出してきたり、僕が野菜を切って彼女が炒めるなんて共同作業があったり……どんどん妄想が広がる場所ですね。」

リビングで過ごす休日課長さん

つくる人も、つくってもらう人も、お腹と心が不思議と満たされる。料理には、そんな力があるはず。みなさんは、どんな場所で、どんな人と、ごはんを食べてみたいですか?たまには妄想を広げながら、料理に勤しむ時間を過ごすのもいいかもしれません。

『ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん』

キーワードは、「食べる人のことを想像すればするほどいつもの料理がおいしくなる」。人気バンドグループ「ゲスの極み乙女。」などで活躍する人気ベーシスト・休日課長が、妄想ストーリーとともに68品のレシピを紹介。マガジンハウス刊。

もとまちの柚子こしょう

大分の人気カフェ&ベーカリーである「もとまちベーカリー」のオリジナル柚子胡椒ペースト。
店内ではこちらの柚子胡椒を使ったパスタやリゾットなどが人気!
小売価格:380円(税込)/ 30g
Instagramはこちら

Photography/ 新江周平 Text/ 小林拓水 Illustration/ Azusa Yasui