Dolive 家をもっとカジュアルに楽しむメディア

人気スタイリストが厳選!
家でもキャンプでも活躍するシームレスなアウトドアギアたち ― テーブル編 ―

DATE 2020.10.13 暮らしのヒント

キャンプブームが再燃する昨今、同じくして注目されるのはアウトドアギアを普段の生活にも取り入れたお洒落なリビングレイアウト。
Instagramなどでもアウトドアテーブルをラック代わりに使うなど、ステキにスタイリングされてる方も多いですよね。

しかし、どんなに興味があっても「実際にどんなギアを選べばいいの?」と、ビギナーには当然の疑問が…。
そこで今回Doliveでは、アウトドア業界に精通する人気スタイリスト中島貴大さん監修のもと“家でもキャンプでも活躍するシームレスなアウトドアギアたち”をご紹介します。

中島貴大さんPROFILE

ファッションスタイリストとして、さまざまなメンズ誌で活躍中。ウェアを主戦場にインテリアに関しての造詣も深く、昨今はインテリアスタイリストとしても、 活動の範疇を広げている。

VOL.1では<チェア編>と題し、定番の一脚からひとクセある変わり種まで、ジャンルに富んだアイテムをラインナップ。どれも自宅での活躍にも期待の持てる優れたアウトドアアチェアでしたよね。

VOL.2でお届けするのは<テーブル編>。インテリアの中核を担うアイテムだけに、きっとその選定基準も極めてシビアになるのではないでしょうか。果たして、スタイリスト中島さんはどのようなアウトドアテーブルをピックアップするのか。必見です!

自宅でも使うものだから、インテリアに違和感なくフィットする
ウッディなアウトドアテーブルがおすすめ

  • 編集部
    編集部

    “さて、今回は自宅でも活躍するアウトドアテーブルというのがテーマなんですが、どういった基準でギアを選ぶのが理想的なのでしょうか?

  • 中島さん
    中島さん

    じつは、VOL.1でご紹介したチェアの中にヒントがありまして。カーミットチェアの印象ってどうでした?

  • 編集部
    編集部

    ポップなカラーリングでありながら、落ち着いた印象。確か、フレームが自然木で……。

  • 中島さん
    中島さん

    そう、そこがポイントなんです!自宅での活用を視野に入れる場合、テーブル選びで重視したいのはウッディな質感。ましてや、家具としてはメインとなるアイテムなので、木の温もりを感じるウッドテイストであることが理想的なんです。今回は、天板に木材を用いたテーブルを4つご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

3段階で高さ調整可能なモンベルの
「マルチ フォールディングテーブル ワイド」。

サイズ:H67(Hi)・54(Low)・39(Za)×W112.5×D70×cm

  • 中島さん
    中島さん

    最初にオススメするのは、モンベル「マルチ フォールディング テーブル ワイド」。モンベルといえば、トレッキング用のウェアをはじめ、ギアも軽量でコンパクトだったりと、どちらかといえば登山向けのアイテム展開で知られているんですが、最近はキャンプ用のギアにもかなり力が入れられていて。なかでもコチラのテーブルは注目度高めの商品なんです。

  • 編集部
    編集部

    モデル名に“マルチ”と入っているだけに、期待が持てそうです!

  • 中島さん
    中島さん

    最大の特徴は、高さを3段階に調整できること。“Hi”と“Low”の2段階で調整できるテーブルはよくあるんですが、この「マルチ フォールディング テーブル ワイド」はさらにもう一つ下の高さ“Za”というポジションがあるんです。ですので、胡坐や正座などで床に座る、いわゆるお座敷スタイルにまで対応が可能というわけです。

収納サイズ:H19×W18×D70cm/重量:4.33kg(4.49kg)※( )内はスタッフバッグを含む重量

  • 編集部
    中島さん

    天板を見てもらったら分かるように、こうやってジャバラのように折り畳むことができ、フレームも収束式なので、収納時はかなりのコンパクトさ。また、専用の収納袋は天板とフレームを分けて入れられるよう2室構造になっているため、それぞれが干渉しあって傷つく心配もないんです。

 

  • 中島さん
    中島さん

    そして、この天板にはもう一つ仕掛けが……。わかりますか?

  • 編集部
    編集部

    裏表で色が違いますね!

  • 中島さん
    中島さん

    そうなんです。ウォルナット風の深い合いとナチュラルウッドの明るい色のリバーシブルで使用できるので、その時の気分や部屋の雰囲気に合わせて使い分けられるんですよ。

モンベル「マルチ フォールディングテーブル ワイド」

価格:¥21,460
問い合わせ:モンベル・カスタマー・サービス TEL:06-6536-5740

イイ意味でアウトドアっぽさのない、
ヤマジルシ社中「バウンダリーテーブル タイプ1」。

 

  • 中島さん
    中島さん

    コチラはヤマジルシ社中という、いわゆるガレージブランドが取り扱っているアウトドアテーブル「バウンダリーテーブル タイプ1(ステンレスパイプ付)」という商品。

  • 編集部
    編集部

    先ほどとはうってかわり、天板一枚のテーブルなんですね。

  • 中島さん
    中島さん

    そう。キャンプのテーブルって、どうしても携行性を重視するため折り畳める“すのこ状”の天板が多かったりするんですが、これはイイ意味で大胆な作りと言いますか、一枚板でできているためアウトドア感が控えめなんですよね。なので、今みなさんが使っているご自宅のテーブルと取り替えても違和感がなく、インテリアにマッチ。キャンプ慣れしていなくても使いやすいかなと。

 

ヤマジルシ社中とは、キャンプ好きの夫婦が二人で営む、小さなガレージブランド。“これを持ってソトに出かけたい”をコンセプトに2017年に創業し、木のナチュラルな雰囲気を宿したアウトドアアイテムで人気を博しています。

「バウンダリーテーブル タイプ1(ステンレスパイプ付)」に使用される素材は、ロシアンバーチ(ロシア白樺)という合板。こういったマルチ合板は、よく“水に弱い”“反り返りやすい”などのネガティブなイメージを持たれがちですが、ロシアンバーチは一般的な合板に比べ、3倍の耐久性を誇ると言われ、加えて耐水性&耐熱性に優れています。そのため、長い間でタフに活躍してくれます。またパイプが天板横にあしらわれているため、S字フックなどを活用すれば小物の吊り下げ収納に効果的。シンプルでありながら、実用性に優れたテーブルです。

 

 

  • 中島さん
    中島さん

    もちろん、一枚板なのでコンパクトさに欠けるというのは正直なところ。ですが、ちゃんとアウトドア仕様なので脚は天板裏に格納することができます。

  • 編集部
    編集部

    ここまで薄く畳めるのなら、押入れのちょっとした隙間に入れられることができて十分ですね!

ヤマジルシ社中
「バウンダリーテーブル タイプ1(ステンレスパイプ付)」

価格:¥39,960
問い合わせ:ヤマジルシ社中
WEB:yamajirushi.thebase.in

収納ボックスとしても重宝する、
ネイチャートーンズ「サイドアップボックス&テーブル」。

Sサイズ:テーブル変形時H28.5×W86×D41cm、ボックス時H28.5×W29×D41cm/Lサイズ:テーブル変形時H37×W110×D52cm、ボックス時H37×W37×D52cm

  • 編集部
    中島さん

    3つめにご紹介するのは、ネイチャートーンズの「サイドアップボックス&テーブル」。収納ボックスとして、そして両サイドを展開すればテーブルとして活躍してくれるんです。

“かゆいところに手が届く”と昨今キャンプ業界でじわじわとその人気に拍車をかけている、2013年創業のネイチャートーンズ 。扱われるアイテムはどれもギミック満載で、今回ご紹介する「サイドアップボックス&テーブル」も2WAYにトランスフォームする、ユニークなアウトドアファニチャーです。

 

  • 中島さん
    中島さん

    このようにテーブル下に収納スペースがあるので、雑誌やリモコンなどを入れておくのにちょうどいいんですよ。「サイドアップボックス&テーブル」はSとL、DX(デラックス)の3サイズ展開。一番大きなDXは幅1m超えなので、4人でもゆったり使用することができます。

  • 編集部
    編集部

    天板の間に取っ手が収まる仕様……。計算された作りですね!

 

  • 編集部
    中島さん

    Sサイズで6.0kgと、収納ボックス単体としては重たい方なんですが、その分、フレームが鋼材で頑丈なので、ガシガシ使っていただけるのではないでしょうか。

ネイチャートーンズ「サイドアップボックス&テーブル」

カラー:ダークブラウン/レッド
価格:Lサイズ ¥37,180
     Mサイズ \ 31,680
問い合わせ:ネイチャートーンズ TEL:0776-36-5567

パタンと畳める“ちゃぶ台”、その名もノダテ「チャブ」。

 

  • 中島さん
    中島さん

    最後にご紹介するのは、ノダテ「チャブ」。

  • 編集部
    編集部

    え?! このちゃぶ台、キャンプ用品なんですか?

  • 中島さん
    中島さん

    そうやって驚かれるのも当然です。まずは、簡単なブランド説明からしましょうか。ノダテとは会津塗りの老舗、関美工堂が手がける漆器ブランドです。ちょっと前に「ノダテ マグ」というマグカップ型の漆器で話題になったんですが、数百年以上もの歴史を持つ漆器を見つめ直し、アウトドアでも活躍する“粋”なアイテムを展開しているんですよ。もちろん、この「チャブ」もアウトドア仕様です!

 

  • 編集部
    中島さん

    脚は簡単に取り外せ、天板は2つ折りに。そして、漆器ブランドならではの漆塗りを施すことで、素材に堅牢性や抗菌性を持たせています。コンパクトに収納できて、非常に丈夫。まさに、アウトドアギアです。 専用のキャリーバッグが付いているので、女性も楽に持ち運ことができます。

 

  • 編集部
    編集部

    ちゃぶ台としては、珍しく中央に穴が空いてますが……。コレは一体なんですか?

  • 中島さん
    中島さん

    キャンプではワンポールテントと言って、幕をポール一本で支えるテントがあるんです。分かりやすくいうと、サーカスでイメージするような円錐状のテントですかね。で、このテーブル中央に空けられた穴はそのポールを囲んで設置できるように施されたもの。自宅では、プラントテーブルのように活用するのも良さそうですね。

ノダテ「チャブ」

カラー:透き漆(茶)/墨黒/紅緋
価格:chabu 50 ¥31,900 / chabu 70 ¥40,700 / chabu 90 ¥53,900
問い合わせ:ノダテ
https://nodate.shop

実際に自宅でアウトドアテーブルを活用したユーザーたち

家で使えるキャンプギアを教えてもらったところで、やっぱり気になるのは実際のユーザーがどのようにインテリアとして用いているかということ。「そもそも、本当にインテリアに合うの?」「部屋の雰囲気が損なわれそう…」など、最初はいくつも不安があるかもしれせんが、そんな悩みは先人の知恵を参考にすればすぐに解決!ここでは、Instagramに投稿された恒例を参考に、おしゃれなインテリアコーデを学んでいきましょう。

機能美こそ“ザ・アウトドア”でも使用素材にこだわればインドアでも大活躍!

リビングにハイランダー「ウッドロールトップテーブル2(120)」を取り入れた好例。素材のほとんどが天然木のため、アウトドアギアを一点投入しても全く違和感なく、机上に置かれた観葉植物と相まってナチュラルな雰囲気に。

出典:Instagram by @reigram_house

土間に作った子ども用の絵本コーナー。ロースタイルなら“ちびっ子”も安心&快適!

モルタル塗りの土間を“絵本コーナー”に、ある時は家族で卓を囲む“リビングルーム”に。軽量なアウトドアギアだからこそ、レイアウトを簡単に変えられ、いつも新鮮な気分に。ちなみに、テーブルは上記同様ハイランダーのもの。

出典:Instagram by @sdkzk_z

自宅にいながらアウトドア気分。べランダで“ホッ”とコーヒーブレイクはいかが?

おうち時間の新たな過ごし方として注目される“ベランピング”。バイヤー「パンジーン バレーローロールテーブル」をはじめとしたロースタイル向きのギアで構築すれば、狭いベランダでも圧迫感がなく、周囲の視線も遮れて◎。

出典:Instagram by @hiroya_kizawa

前回のアウトドアチェアに引き続き、キャンプ仕様のテーブルもじつにおしゃれで自宅でも活用できるものばかり。今回はウッディーな天板を使用したアイテムを主にピックアップしましたが、他にも部屋のインテリアとして使えるアウトドアテーブルは様々あるので、ぜひチェックしてみてください。

※表示価格はすべて税込価格です。

Photo/山田裕之 Text/伊藤千尋(GGGC)