Dolive Doliveってなに?

DATE 2022.03.02

1枚でインテリアの雰囲気が変わる! SOU・SOUのテキスタイルで彩る暮らし〜壁ディスプレイ・小物編〜

京都発のテキスタイルブランドSOU・SOUとコラボレーションして、<新しい“和”>を提案する家づくりプロジェクト「NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU」。
今回は、SOU・SOUのテキスタイルを気軽にインテリアに取り入れるアイデアをご紹介する企画の後編をお届け。
前回の記事では、SOU・SOUで見つけたポップなデザインのテキスタイルをインテリアに取り入れるアイデアを、スタイリスト・さかのまどかさんに教えてもらいました。
後編では、小さいサイズのテキスタイルを使って、壁のディスプレイや小物を彩るヒントを伺いました。
SOU・SOUってどんなブランド?

「新しい日本文化の創造」をコンセプトに日本の四季や風情をポップに表現したものづくりをおこなう、京都発のテキスタイルブランド。
地下足袋、和服、和菓子、家具などさまざまなアイテムを展開しています。
《 SOU・SOUの情報はこちら→ WEBサイト / Instagram

今回使ったSOU・SOUのアイテムはこちらの7点。 左側3点は35cm×90cmの手ぬぐい。奥:春風 ¥1,177/中央:熊 ¥1,177/手前:桃源郷 ¥1,177。
右側4点は幅48cmの小巾折。左手前:おはじき大 つくも×銀鼠 ¥1,760/中央:おはじき大 つくも×濡羽色 ¥1,760/右手前、右奥:「NIHON NOIE PROJECT」オリジナルアイテム。(SOU・SOU店舗やオンラインストアでの販売は今後取り扱い予定)

【IDEA1】 テキスタイルを結んで「壁にディスプレイ」する

  • 編集部
    編集部

    白壁が寂しい印象だったのでテキスタイルを壁に貼ってみたのですが、いまいちバランスが悪くて。微妙な感じになっちゃうんです……。

  • さかのさん
    さかのさん

    そういう時は、先端に結び目を1つ作ってから壁に飾るのがコツです!
    ゆるやかなドレープができて柄に変化が生まれるので、インテリアにもあわせやすいですよ。

  • 編集部
    編集部

    たしかに! 茶系の雑貨と植物にもイエロー×グリーンのテキスタイルが馴染みますね。

  • さかのさん
    さかのさん

    壁面にディスプレイコーナーを作って、植物やアート、雑貨をたくさん並べて、その中にテキスタイルを紛れ込ませるのもいいですよ。同系色のアイテムでそろえれば、ものが多くても統一感が生まれるんです。

【HOW TO】布の先端に結び目を1つ作り、ピンやマスキンテープで壁に貼る。ラックなどにひっかけてもOK。

【IDEA2】  テキスタイルで「ティッシュカバー&キッチンペーパーカバー」を作る

  • 編集部
    編集部

    小さいサイズのテキスタイルって、ほかに何に使えますか?なかなか思いつかなくて……。

  • さかのさん
    さかのさん

    ティッシュカバーとかどうですか?

  • 編集部
    編集部

    いいですね! ティッシュって、どうしても外箱が目立って気になっちゃうんですよね。
    隠そうとしたけど、毎日使うから手が届きやすい場所に置いときたいし。

  • さかのさん
    さかのさん

    ティッシュのような隠したい日用品も、好きな柄や色のテキスタイルで包めば、出しっぱなしでも全然気にならないですよ!
    箱ごとテキスタイルで包めばかちっとした感じに、中身だけ取り出して包めばふわっとした感じになります。

キッチンペーパーカバーもおすすめ。

  • 編集部
    編集部

    これなら、ベッドサイドやテーブルに置いても気にならないですね。飽きたら違う柄に取り替えることもできるし!

  • さかのさん
    さかのさん

    同じやり方で、キッチンペーパーカバーにするのもおすすめですよ!

  • 編集部
    編集部

    色々代用出来るんですね!キッチンに好きなテキスタイルがあったら料理も楽しくなりそう。

【HOW TO】①手ぬぐいの左右を中央に向かって折りたたみ、中心にペーパーを置く。 ※箱のまま包んでもOKですが、中身のみのほうが包みやすく、取り出しやすいです。
【HOW TO】②布の左側を結び、裏地が見えないように整える。
【HOW TO】③布の反対側も同様に結ぶ。
【HOW TO】④全体の形を整えて、ペーパーを取り出して完了。

【IDEA3】  袋状の小巾折で「フラワーベース&鉢植えカバー」を作る

  • 編集部
    編集部

    実はこの前SOU・SOUの店舗で、先端を結んでバッグとして使える小巾折のアイテムを見つけたんですが、これをインテリアで使うことはできますか?

  • さかのさん
    さかのさん

    高さのある小物を包むのにちょうどいいので、フラワーベースカバーにいいかも。
    シンプルなガラスや陶器のフラワーベースを選べば、色柄のテキスタイルも取り入れやすく、いつもと違った雰囲気を楽しめると思いますよ。

  • 編集部
    編集部

    なるほど! 柄や色選びのコツはありますか?

  • さかのさん
    さかのさん

    飾る花とケンカしないような、淡い色やシンプルな柄がいいですね。
    1つだけ置くとインテリアの中で浮いてしまうので、同系色や同じシリーズの柄を2つ組み合わせると、全体のバランスが取りやすいと思います。

小さいプラスチック鉢を巻いても素敵に。
  • 編集部
    編集部

    袋だと、中に入れて結ぶだけなので簡単ですね!

  • さかのさん
    さかのさん

    小さな鉢植えのカバーにもぴったりですよ。やり方はフラワーベースと一緒です。

  • 編集部
    編集部

    テラコッタ色やプラスチックの鉢でも、テキスタイルで包めばインテリアにうまく溶け込みますね!

【HOW TO】①袋の中央にフラワーベースを置く。
【HOW TO】②フラワーベースの形にあわせて、袋の角を内側に入れて整える。
【HOW TO】③フラワーベースに巻きつけるようにして、袋の持ち手部分を結ぶ。

好きなテキスタイルで、隠したい日用品をインテリアのディスプレイに!

今回、さかのさんが紹介してくれたように、手ぬぐいサイズのテキスタイルは小さな日用品や鉢などを隠すのにぴったり。好きなデザインを選んでアイテムを包むだけで、雰囲気が変わって気分が上がりそうです。
また、柄そのものをディスプレイとして楽しめるのもテキスタイルの魅力ですよね。インテリアとの組みあわせ次第で、日本らしい和の空間にも、北欧の落ち着いた空間にも、ポップでビビッドな空間にも変幻自在。
「最近、インテリアがマンネリ気味」という方、ぜひ、今回紹介したアイデアを試してみてください!
さかのまどか さん

インテリアスタイリスト。雑誌やwebなどのメディア、広告撮影時のインテリアスタイリング、商業施設・ショールーム・ホテル・オフィスなどのアートワークやディスプレイ、住宅などのインテリアコーディネートを手がける。アンティークやハンドクラフト、植物や花を取り入れたインテリアの提案が得意。