Dolive 家をもっとカジュアルに楽しむメディア

ビールのつまみにもってこい!〜水餃子と“おじさん”〜

DATE 2020.10.09 三つ星★★★サボリ飯
水餃子アレンジレシピ

私の三つ星★★★サボリ飯とは手軽さ重視だけど、映えることも忘れないご飯のこと。
コンビニやスーパーで買える身近な食材に、たったひと工夫で美味しくて華やかなサボり飯が完成!
普段はあまり料理をしない人でも思わず作りたくなる、簡単レシピをご紹介。

サボリ飯コック/きくちよしみさん プロフィール

料理が得意なフォトグラファー。「俺の三つ星★★★サボリ飯」をはじめ、雑誌、カタログ、ウェブ、書籍など、幅広く活躍。日々のレシピを掲載した「菊地食堂」も運営中。

HPはこちら Instagramはこちら

今夜のサボり飯
「ビールのつまみにもってこい!水餃子と“おじさん”」

夜な夜なビールを片手に餃子をつまむことが最近のルーティン。そんな中、最強のタレを発見してしまった。その名もおじさんの瓶。いわゆる食べるラー油で、本場中国では大ヒットしたらしい。

今回は、このおじさんの瓶を使った最強の水餃子と、締めのラーメンを特別にご紹介!

使う食材はこれだけ!

 

<食材>
・市販の水餃子 1袋
・おじさんの瓶(ラオガンマー) 適量
・黒酢 適量

おじさんの瓶(ラオガンマー)は、中国で大人気のラー油系調味料。今回使用した、大豆の発酵食品である豆豉(トウチ)入りのものをはじめ、様々なフレーバーがあります。一部のスーパーや業務スーパー、中華系の調味料が販売されているお店などで購入可能!

<作り方>
①水餃子を茹でる

沸騰したお湯で4分ほど茹でる。

②おじさんの瓶(ラオガンマー)をのせる

ピリ辛なので、お好みで量を調整。

③黒酢をまわしかけたら完成!

モチモチと弾力のある水餃子に、ピリッと辛くてカリカリとしたラオガンマーがアクセントに。黒酢と合わせることで、お店で食べられるような本格的な味に。これはクセになりそう。

まだまだ物足りない!という人は、ラーメンの具材に。
その名も「水餃子ミニラーメン」!

器に中華だし(小さじ1〜麺の量で調整)を入れてお湯で溶き、茹でた中華麺と残った水餃子とタレをのせれば完成!
ジュワっと口の中に広がる水餃子と、辛味×酸味とコクのあるスープに絡まる麺。まさに旨味のオンパレードで、麺をすする音が止まりません。

photography/きくちよしみ